スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)

 JR東海は13日、東海道新幹線の運転士(52)が、免許の条件とされている眼鏡を掛けずに運転を繰り返していたと発表した。同社は関東運輸局に報告するとともに、運転士の乗務を停止した。
 同社によると、この運転士は2008年3月の免許書き替え以降、眼鏡などで視力を矯正することが免許の条件とされたが、昨年3月ごろから乗務中に眼鏡を掛けたことはほとんどなかったという。
 列車の運転免許取得には視力1.0以上が必要だが、運転士の視力は裸眼で右が0.7、左が0.9。運転士は「裸眼でも信号などはきちんと見え、眼鏡を掛けると頭が痛くなったりするので外していた」と話しているという。 

【関連ニュース】
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界
東海道新幹線、終日遅れ=大雪で最大53分-JR東海

よしはるのブログ
k1hcugdpのブログ
即日現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。